鍵交換について考える

鍵を交換する必要があるのは家の鍵が無くなって交換する時か鍵の先端部分が破損して交換する時の二種類です。鍵交換は自分が前に作った鍵よりも頑丈で先端部分の形が複雑な造形になっているものがいいとされています。つまり前の鍵のレベルアップをふまえての鍵交換と考えられています。鍵交換をすることに対してあまり意味のない事だと考える人もいます。鍵交換の場合、鍵と一緒にその鍵で開けられるドアも一緒に交換しなくてはいけないため費用がかなり高くなるから交換する必要がなく前の鍵で前と同じような造形で作らす人も少なくないです。でもそれは目の前に鍵がある人だけにしか考えられず、鍵が紛失してしまった人は誰かが万が一拾って自分の家のドアに鍵穴をセットして開ける人がいるかもしれない危険性を考えているため、鍵交換を最優先で考えるのです。でなかったら前の鍵と同じように作ることを考えています。鍵を作ってその鍵を開ける扉を作る時の値段はおよそ10万くらいかかりますが、盗難にあうよりは安いと考えるしかありません。家の中には通帳や宝石などの貴重品があるのでそれを盗まれたら終わりです。鍵は自分の家を守ることや財産を守ることになくてはならない存在です。鍵交換が必要ない人もいます。それは暗証番号を入力して鍵を開ける扉などです。ここでの鍵交換と言えば暗証番号の変更のことです。今の暗証番号は誰かがふと思いついて入力しそうなので複雑な暗証番号で鍵交換の代わりを行うことも考えます。実物が無くても頭の中に収納できるのでとても便利です。鍵交換で相手の鍵と交換することもあります。それは自分の持っている鍵がなぜか地味だなと考えてしまう時、相手の鍵がとても美しく輝いてる時に話しかけて鍵交換の交渉をします。でもこの時の鍵は開けたり閉めたりするような鍵ではなくあくまでアクセサリーの鍵です。アクサセリーショップで鍵型のアクセサリーが並んでおりよく若者が買っていることが多く、カップルがお揃いで買う事もあります。そしてカップルがお互いに鍵を交換して愛を誓う儀式も行ったりしています。